消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

会社設立前に税理士まで相談を - 消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ > 会社設立前に税理士まで相談を

会社設立前に税理士まで相談を

image

会社設立すると、消費税への対応が必要になることも増えてきます。
また、消費税は支払うだけでなく、還付を受けられることもあります。
適切に対応することで対応すべき税金に対応できますし、場合によっては税金の還付で資金繰りが楽になることもあるでしょう。
このように上手に対応するためにも、会社設立前には税理士まで一度相談することをおすすめします。

税理士は税金の専門家で、消費税に対応できる専門家も多くいます。
そちらまで相談することで、消費税への対応が必要かどうかや、なるべく消費税を避けたいときの方法なども教えてもらえるでしょう。
会社設立すると消費税への対応が必要なことは増えますが、すべての会社ではありません。
起業したあとも消費税への対応は無理に必要ない会社もあります。

会社設立時に気を付けたいのは、資本金の金額です。
1000万円以上の資本金で会社設立すると、原則として消費税の課税事業者となり、会社設立直後からすぐに消費税への対応が必要になります。
これに当てはまった場合、会計は税別で計算し、年間で受け取った消費税の金額と、他社に支払った消費税の金額とをそれぞれ明確にしておくのが基本です。
そして決算期には消費税を個別に計算し、税務署まで申告します。

このように会社設立する前に消費税の課税事業者に当てはまる条件や、当てはまったときの対応法などは知っておいた方が安心です。
それについて相談できるのが、税理士です。
特に起業関係に強い税理士の場合は、消費税の課税事業者に当てはまるときの条件や、会社設立直後に消費税への対応をすることの損得などについて、詳しく相談できます。
今考えている事業計画で、消費税への対応がどうしても必要なのかどうか、そしてなるべくお得に会社設立するには消費税への対応をどうするのがベストか、発起人として気になるところを詳しく聞けるでしょう。

基本的には会社設立直後には消費税への対応をしない方がお得になりやすいものの、これの対応をすると、払い過ぎた消費税の還付を受けられます。
会社設立にあたって莫大な初期費用がかかるときなど、あえて消費税の課税事業者になり、初期投資で支払った莫大な消費税の還付を受けた方がお得になることもあるのです。
しかし実際にはケースバイケースですから、そこを詳しく聞くためにも税理士への相談がおすすめです。

また、これら消費税への対応が必要だとわかったとき、その対応を一任する税理士を探すためにも、事前に相談することが大事です。
具体的にどの税金にどう対応できるのかは、各税理士によって違いますから、消費税に対応できる相手を会社設立前に探しておくと安心ですね。

top