消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

会社設立時に覚えておきたい税金 - 消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ > 会社設立時に覚えておきたい税金

会社設立時に覚えておきたい税金

image

会社設立するということは法人化するということですから、当然ながら税金に関する知識を持っていなければなりません。
会社設立にともなって発生する税金は何種類かありますので、手続きをする前からしっかり把握しておくと節税対策をしやすくなるでしょう。

そこでここでは会社設立時に覚えておきたい税金についてお伝えしていきたいと思います。
まずひとつめは法人税でこれは法人になったことで発生する代表的な税金ですから、必ず覚えておかなければなりません。

法人税の税率は資本金1億円を超えるのか未満なのかがひとつの分かれ目となっています。
資本金1億円未満の場合、課税所得金額が800万円以下だと法人税率は15パーセント、800万円を超える場合の法人税率は25.5パーセントになります。

1億円を超える資本金の場合は課税所得金額にかかわらず25.5パーセントに設定されています。
次に法人住民税(都道府県税・市区町村税)も必要になり税金で、こちらは所得のあってもなくても必ず課税される「均等割」と法人税額に一定の割合を掛けて課税される「法人割」、その他に利子に付く「利子割」があります。

さらに法人事業税(都道府県税)、地方法人特別税(国税)といった地域や国に納める税金や、印紙税(国税)、固定資産税(区市町村税)、自動車を保有している場合は自動車に関する税金も支払わなければなりません。
そして会社設立時の消費税については覚えておいて欲しい点がひとつあって、これは資本金が1,000万円を超えない場合は最大で2年間消費税の納付を免除されるという点です。

消費税は仕入れ先から購入するときにも発生しますし、かなり大きなコストになりますからこれが実現できれば効果的なコストカットになるでしょう。
中にはあえて資本金1,000万円を超えないところからスタートして消費税をカットしてもらうというところも少なくありません。

このほかにも会社設立時に必要な税金として登録免許税があげられ、これは法務局への登記申請時に収入印紙で納めます。
株式会社を設立する場合は150,000円、合同会社の場合は60,000円となります。

このように会社設立にあたって必要になる税金は非常にたくさんの種類がありますから、あらかじめ税理士に相談しながら進めることをおすすめします。
税理士と顧問契約しておくと、税金問題を一挙に引き受けてもらえるので自分は事業に専念できるので便利です。

top