消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

株式会社にかかる費用とは? - 消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ > 株式会社にかかる費用とは?

株式会社にかかる費用とは?

image

株式会社を設立するにあたって必要な費用はいくらになるのでしょうか。
これから会社設立を考えている方にとって、どの程度費用が必要になるのかはかなり大きなポイントになるでしょう。
事前にどの程度必要になるかどうかをしっかりとチェックしておくことでスムーズに設立をすすめることができます。

まず株式会社として会社設立に必要な費用はどの程度でしょうか。
実際には最低限必要な金額は25万円程度となっています。
これは資本金とは別の金額となっており、あくまでも設立にあたっての登記などの諸費用です。
これらの諸費用の内訳にについて、まず定款に貼るために必要な収入印紙に4万円ほど必要になります。
収入印紙の4万円が高額に感じられる方には定款を電子定款にするということも可能です。電子定款の場合は収入印紙は不要となります。
しかし電子定款を作るためには特殊な機器が必要となるため割高になってしまうこともあります。

次に定款の認証時に公証人に支払うための金額です。
公証人に支払うための手数料は約5万円となっています。

そして必要な定款の謄本手数料が必要になります。
これは会社登記の際の手続きに必要であり、1ページ250円となっています。
一般的には約2,000円程度必要となることが多いです。

最後に必要なのが登録免許税です。
こちらも登記の手続きのために必要であり資本金の0.7%の金額が必要です。
これは資本金の金額が2,143万円以上に適用されるため、資本金が少ない場合には15万円となります。
そのため最低でも15万円は必要と見積もっておきましょう。

これらの費用を概算するとおおよそ25万円となります。そのため25万円で見積もっておくと良いでしょう。
設立のために必要な金額やその準備にかかったものについては、設立するための会社の経費として扱うことができるのも抑えておきたいポイントです。
しっかりと領収書を保管することや帳簿をつけておきましょう。

top