消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

法人税と青色申告のメリット - 消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ > 法人税と青色申告のメリット

法人税と青色申告のメリット

image

会社設立後には毎年法人税を支払うことになりますが、このときに青色申告を利用していると、非常に大きなメリットがあります。
まず青色申告とは何かというと、事業者が選べる申告形式のことです。
青色と白色とがあり、何も手続きをしなければ自動的に白色となります。
青色申告がしたければ、その申請をしなければなりません。

そして申請後は、その会社の会計を複式簿記にて記録する必要があります。
期日までに申請書を提出し、複式簿記での会計処理まできちんと対応していると、法人税の計算をするとき、青色申告だけに認められた特典を利用できます。
この特典が非常に大きなメリットとなるのです。

非常に大きいのは、欠損金を繰り越しできること。
簡単にいうと、以前出した赤字を翌年以降に繰り越せるのです。
会社設立したその年、いきなり黒字になるとは限りません。
むしろ初年度はまだ事業が軌道に乗っていなかったり、初期投資が連続したりして、どうしても赤字になることも多いです。

この赤字について、白色申告だと翌年以降の申告には特に関係してこないのですが、青色申告だとその赤字分を繰り越して翌年以降の売上を計算できます。
たとえば初年度、800万円の赤字を出したとしましょう。
青色申告を使うと、この800万円の赤字は翌年に繰り越せます。
翌年の営業成績が300万円の黒字だった場合でも、このときに昨年の800万円の赤字と相殺し、黒字を0円とできるのです。

この相殺により、繰り越している赤字は500万円に減ります。
欠損金の繰り越しは9年間可能ですから、さらにその翌年400万円の黒字を出しても、繰り越している赤字分と相殺して黒字を0円とできます。
法人税は高い利益が出るほど税額も高くなりますから、一度出した赤字を繰り越して、翌年以降の黒字を相殺できるのは非常に大きなメリットです。
特に大赤字を出しやすい創業直後の会社にとっては、青色申告の有無により、税額に大きな差が出ることは多いです。

さらに、繰り越しとは逆に繰り戻しができるのもメリットとなります。
これは資本金が1億円以下の中小企業が対象で、なおかつ繰り戻せるのは1年間のみとなりますが、今年出した赤字分を、去年の申告内容に適用して、去年支払った法人税の一部を還付できるのです。

これは去年黒字で支払った法人税があり、その翌年に赤字を出したときに使える特典です。
これもまた創業直後で経営がまだ不安定な会社には、かなりありがたい特典となるでしょう。
このように青色申告を利用すると、法人税を節税できる大きなメリットがあります。

top