消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

会社設立による税金対策 - 消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ > 会社設立による税金対策

会社設立による税金対策

image

会社設立にあたってやらなければならないことはいくつかありますが、中でも税金対策はすべての経営者にとって大きな課題になります。
税金対策がうまくできていればその分運営資金を増やせますから、いかに効果的に節税できるかが会社経営をスムーズにするかのポイントになるのです。

これから会社設立を考えている人にとって税金対策は避けて通れない道ですし、これを上手くできるようになれば成功できる可能性も高められます。
それでは税金対策にはどのような方法があるのでしょうか?

まず税金がどこにかかってくるのかを知る必要があり、これは簡単に言えば「所得-経費」で出た金額になります。
ですから所得の部分が多ければ当然そこにたくさんの税金がかかってくるので、経費によって税金の対象になる部分を減らせれば節税効果が得られるのです。

つまり経費として扱えるのはどんなものがあるかを詳しく調べていけば、おのずと節税につながるのです。
代表的なもので言えば「役員報酬」があげられ、これは大きな金額になりますので、その分大きな節税効果が期待できます。

役員とは株式会社の代表取締役や監査役といった役職を持つ人たちで、いわゆる出資者・有限責任社員に該当する人のことを指しています。
役員報酬は株主総会によって決められますが、役員の人数などは制限がないので会社側で決めることができます。

それでは役員を増やせるだけ増やせばいいのかと言えば、そこまで簡単な話ではありませんが、役員の数が多ければ節税効果が高まるのは間違いありません。
次に家族や親族を役員にすることによってその業務に対しての報酬を払えば、その分を損金として計上できますかた節税効果が得られます。

通常発生するはずの所得税を経費で賄えてしまいますから、これも効果的な方法のひとつと言えるでしょう。
さらに消費税の節税をすることも可能で、これは新規に会社設立してから最大で2年間消費税免除ができるという制度があるからです。

この条件としてはまず資本金が1,000万円未満であることが条件になりますので、これはかなりの節税効果が得られます。
消費税は仕入れの際にも発生しますし、ちょっとしたものを購入するときには必ずかかるものですから、少しずつ積み重なって負担になり得ます。

新規の企業はただでさえ出費も多くなりますので、消費税が免除になれば大きなアドバンテージになるはずです。
このように節税効果が得られる方法はいろいろとあるのです。

top