消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

法人税はいくら払うの? - 消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ > 法人税はいくら払うの?

法人税はいくら払うの?

image

会社経営をする上で、法人税はいくら払うのか、これはかなり気になりますよね。
これは固定でいくらとは決まっておらず、1年間営業して得たその会社法人の所得を計算し、それに所定の税率をかけるという計算で金額が決まります。

会社設立する前、個人で所得税の確定申告をやったことがある方なら、この計算はわりとおなじみの計算に感じられるかもしれません。
基本的な考え方は同じです。
1年間にその会社が得た収入のうち、経費となる金額を差し引くことで所得を計算します。

これにより、事業のために使わざるを得なかった収入にまで課税されることを避けられます。
感覚的には、収入全額から手取り収入を計算し、その手取りにだけ課税するための計算だと思えるかもしれません。
事業のために必要だった経費をうまく計上できないと、実際には自分たちの手取り収入にはなっていない金額まで含めて法人税が計算され、金額が高くなりますから、しっかり経費は計上しておくことが大事です。

ただ、いくら払うのか、その金額を実際に計算するとき、所得の計算方法には注意してください。
法人税の計算をするとき、収益と費用、益金と損金といった考え方があり、これを間違えると適切な所得の計算ができず、法人税額が違ってきます。
詳細な計算は税理士に依頼するのが基本となっているため、いくら払うのか知りたいときは、税理士まで金額の計算をしてもらうといいでしょう。

法人税をいくら払うのか、基本となる仕組みはこうなっていますが、この税金には中間納税がありますよね。
このときはいくら払うのでしょうか?

このときにはまだ正式に1年間の営業が終わっていないため、その会社の所得も確定できず、正式な法人税額も計算できないことになります。
そのため中間納税では、正式な法人税額を計算するわけではありません。

このときは去年に支払った法人税額の半額か、もしくは半年間の運営実績だけで仮の決算を行い、計算された仮の所得から仮の法人税額を計算します。
このように、中間納税で支払う金額は、正式な金額ではなく、おおよその仮の金額を前払いとして支払う形になるのです。

そしてその法人の事業年度のうち、2回目の法人税の申告をするとき、正式な法人税額を確定します。
そしてその税額のうち、中間納税で支払った金額はもちろん控除し、不足している残りの金額だけを支払う形になるのです。
たとえば正式に確定した税額が100万円で、中間納税として50万円払っていれば、残り50万円を支払うだけでいいわけです。
中間納税で納めた金額が過剰納税になる場合、2回目の申告のときに還付を受けられます。
法人税額はいくら払うのか、このようにして決まります。

top