消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税に関する相談 - 消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税に関する相談

会社設立を考えている人にとって、ひとつの問題点になるのが消費税だと思いますが、これに関することを相談したい場合誰に話せばいいのでしょうか?

まず会社設立から運営までほとんどのところで税理士が絡んでくるところがほとんどで、設立の流れや手続きはもちろん、税金に関する相談は税理士にするのが一般的です。
税理士はその名のとおり税金に関することに特化した資格ですから、当然消費税についても詳しくアドバイスしてくれるでしょう。
たとえば会社設立時に資本金が1000万円未満であれば消費税が免税になりますが、こういったことだけでなく長い目で見たときの節税対策にも力になってくれるはずです。

また税理士を選ぶときは中小企業診断士あるいは社会保険労務士の資格を持った人を選ぶと、より企業の運営に詳しいのでそこもポイントのひとつに考えてください。
税理士はその性質上企業と関わることの多い仕事をしますが、先にあげた資格を持つ人たちはその中でもよりエキスパートになります。

ただ税理士はよき相談相手とならなければいけませんので、必ずしも持っている資格だけで判断するのは間違っています。
と言うのも常にインターネット上だけでやりとりするわけではありませんし、直接会って話をすることのほうが多くなりますから、実際に会って話をしてみて決めることをおすすめします。

そして仕事のスピードというのもポイントのひとつで、これは依頼した仕事に対してどれくらいの速さで対応してくれるのかという点です。
会社にとって依頼した仕事が早ければそれだけほかのこともできますし、何より相手に対して安心感や信頼感を持つことができます。

これは企業間取引をするときと同じで、お互いの信頼関係で成り立つものですから、税理士を選ぶときは持っている資格に加えて仕事ぶりや人間性などトータル的に見て相性が良いか判断するといいでしょう。
良い出会いがあればお互いに良い仕事ができるはずです。

top