消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税対策 - 消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税対策

消費税は我々日本国民に課せられた義務であり、すべての人が支払う対象になる税金です。
当然企業も大きく関係してくるものですから、支払わなければなりませんが企業単位になってくるとその金額も膨大になりますし、そもそも消費者と企業では消費税との関係性も少し異なります。

まず消費者にとって消費税は支払うものだけでしかありませんが、企業にとっての消費税は消費者から預かるものであり消費者に代わって納めているものになります。
また企業が仕入れを行ったときに発生する消費税は支払った側になりますので、納めるのは預かった額から支払った額を引いたものとなります。
したがって納める税金を少なくするためにはこの差額を小さくするといいのです。

それではよく行われる消費税対策の例をあげていきたいと思いますが、最初に小さなものから紹介すると収入印紙は郵便局で購入するよりもチケットショップで購入したほうがお得になります。
と言うのも郵便局で購入する収入印紙は非課税なのに対して、チケットショップで購入する収入印紙は消費税が含まれていますから売り上げの預り金から引くことが可能だからです。
ただ収入印紙を頻繁に購入することもないので、それほど大きな節税効果はありません。

次に収入印紙の件からも分かるように、寄付をする場合お金でするよりも物で行ったほうがお得になります。
物で寄付をするということは当然物を購入することになりますので、そこに消費税が発生しますからそれも売り上げの預り金から引くことができるのです。

また企業コストの中でももっとも大きなウエイト占めると言われている人件費ですが、これは役員・正社員・アルバイトどの立場であっても支払う消費税に差はなく、安くはなりません。
しかし人材派遣会社を利用する場合、消費税を自社ではなく人材派遣会社のサービスに支払うことになるため安くなります。

このように消費税対策はいろいろな方法がありますので、会社設立時には利用してください。

top