消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

会社設立の成功率は? - 消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

会社設立の成功率は?

image

会社設立を考えている人は、チャレンジしようとしている事業分野の成功率について、事前によく考えておく必要があります。
100%成功する事業というものは、残念ながらこの世にはありません。
では、どのようにして乗り切ればいいのでしょうか?
今回は、その方法についてお話したいと思います。

会社経営をうまく軌道に乗せるにはまず、何より運転資金を十分に確保しておくことです。
運転資金というのは、会社にとって体力そのものですので、これが枯渇すると会社は経営を続けていくことができなくなります。
ありすぎても困ることはないので、とにかく会社を始めるのであれば、まずは金策を十分にしておくことを心がけてください。

運転資金の大体の目安は、最低3ヶ月分といわれていて、運転資金+初期費用のお金を用意するというのが、ボーダーラインとして考えられています。
ただ、これはある程度販路が確保できている会社に当てはまることですので、これから営業を行っていく会社の場合は、最初に赤字が続くことを想定して、かなりの予算を用意しておかなければならないでしょう。

あいにく法人化をすれば、2年間の赤字を翌年以降に繰り越すことができますので、事業が軌道に乗ったら、その赤字分を所得から差し引いて、黒字になったお金を内部留保として会社に残すことができます。
それまで乗り切れるかどうかが、商売で上手くいくかどうかの分かれ道になるでしょう。

十分な運転資金を用意するのであれば、だいたい一年分の資金を、確保できれば御の字だと思われます。
ちなみに会社の資本金は、会社を登記するときに、資本金として銀行に預けたお金が適用になります。
一旦預けてしまうと、それはもう会社のお金ということになりますので、個人で勝手に引き出すことは、経理上のマイナスポイントになりますので注意しましょう。

あと、運転資金を確保する意味合いで、クレジットカードを作っておくことも一つの方法かもしれません。
クレジットカードと言っても、個人のクレジットカードではなく、法人名義のクレジットカードを作っておくのです。
法人名義のクレジットカードがあれば、会社のために使ったお金をそのまま経費として計上することができますので、非常に便利になります。
出張先でも重宝しますので、1枚は持っておくと良いでしょう。

会社を設立するのには、色々とお金がかかります。
それを乗り切って黒字を出せるかどうかが、経営を続けていけるかどうかの分岐点になるかと思われます。
会社設立を考えている人は、まず会社の体力(資本金)を確保して、それから法人化にチャレンジしてみてください。

top