消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

会社設立にかかる費用の平均 - 消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ > 会社設立にかかる費用の平均

会社設立にかかる費用の平均

image

会社設立をする場合は、当然ですが費用も必要となってきます。
近年は1円起業などの言葉が出てきて、「1円あれば会社や企業ができるのか」と考えている方も増加傾向にあります。
しかし、会社設立をする場合は、まず会社を経営していくための資金が必要となります。
取引先やクライアントと仕事をする場合も資金が必要ですし、何よりパソコンやスマホの他、冷房や暖房などの空調、デスクやチェア、文房具などの備品も必要です。
根本的なところで見ると、会社や企業としてやっていくためには事務所を持つことが必要となります。
どこかの物件を借りる場合も費用がかかりますし、土地と建物を建てる場合にも費用がかかります。
それらを考えると、会社設立にかかる費用は最低でも数百万円~数千万円かかります。
こればかりは会社や企業の規模によって違ってくるので、一概に平均を求めることはできません。

ただ、会社設立の費用はそれ以外にも必要となってきます。
会社を設立する場合は「はい!じゃあ今日から会社設立します!」と言って始められるものではありません。
管轄の税務署に会社設立の届け出を提出し、認可されなければなりません。
その際、各種手続きや申請においても費用がかかってしまうのです。
そういう点も加味して、会社設立をおこなっていくことが必要となるので注意が必要です。
巷では1円起業というのが流行っていますが、それは個人事業主やフリーランスの方に限った話だと言えるのではないでしょうか。
会社や企業としてしっかりと設立するのであれば、最低でも数十万円の諸経費が必要です。
さらに設備を整えていく場合は、それこそ数百万円~数千万円単位で資金が必要です。
費用計算をしっかりおこなっていけば、ある程度は安心して対処できます。
ただ、資金に関しても計算しなければ、せっかく会社を設立しても経営を続けることができないかもしれません。

会社設立だけであれば、そこまで難しいことはありません。
近年は代行してくれる専門家も多いので、あまり悩むということもないでしょう。
しかし、重要となってくるのは会社や企業として継続して経営を続けていくということです。
それができずに倒産に追い込まれる企業や会社も大変多いです。
まずは不安だという場合、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。
会社設立に強い行政書士や司法書士、税理士も沢山いるので、そこで相談してみるというのも良いです。
そうすれば、より経営も続けやすくなるでしょう。

top