消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

会社設立における形態について!費用の違いとルール、メリットを徹底調査 - 消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ

消費税、会社設立時に知っておきたいアレコレ > 会社設立における形態について!費用の違いとルール、メリットを徹底調査

会社設立における形態について!費用の違いとルール、メリットを徹底調査

image

会社設立をするときはその種類によって形態が異なります。
会社設立における種類は4つあり、合名会社や合資会社、合同会社や株式会社などがあります。
種類によって手続きにかかる費用やルール(出資者、決算公告や役員の任期など)も異なるので、それぞれの形態について見ていきましょう。


・株式会社の会社設立をするときの形態!
株式会社で会社を設立するときの形態では、定款の認証を受けるのに50,000円、収入印紙代として40,000円が必要です。
また、登録免許税が150,000円、会社実印で20,000円の費用がかかると言われています。
株式会社というのは、有限責任の範囲で出資をした出資者によって構成されたものが会社形態となります。
これにより株式会社の形態では出資者が1人以上いれば会社を設立でき、決算公告は必要で役員の任期は最長で10年と定められています。
また、出資金が1円以上、一般の人から出資を募る、取締役会を設置すれば1人でも会社設立が出来るところがメリットだと言われています。


・その他の会社形態について!
株式会社以外の会社形態では、定款の認証を受ける際にかかる費用を削減でき、収入印紙代の40,000円、登録免許税の60,000円、会社実印20,000円で会社を設立できます。
また、合名会社や合同会社などの形態で会社を設立するときは出資者が1人以上、合資会社の場合は2人以上の出資者が必要となります。
決算公告については不要で、役員の任期もなしと定められています。
これにより、株式会社として会社設立をするよりも、合名会社や合資会社、合同会社などの形態で会社設立をしたほうが費用を削減できますよ。
その差額分は140,000円程度で、専門家に会社設立を依頼したとしても、株式会社よりは費用を抑えて設立することが可能ですよ。
尚、合名会社や合資会社、合同会社などの会社形態の場合は費用を抑えて設立ができるのですが、会社としての知名度が低かったり、経営者の責任が無限責任だったりすることが多いため、株式会社として会社設立をする人が多いとされています。


このように会社設立をするときは、まず自分がどの形態で会社を設立するのかを考え、費用や出資者の人数などについて決めなければなりません。
会社形態によって会社設立にかかる費用やルールも異なるので注意が必要です。
株式会社として会社設立をすると費用が高くなってしまいデメリットが大きいと感じることもあるのですが、取締役会を設置すれば1人でも会社設立が可能です。
また、出資金が1円以上であれば会社設立ができ、一般の人から出資を募ることも可能なため株式会社の会社形態で会社設立をする人が多いとされています。

top